パナソニック

NI-FS780とNI-FS770の違いは?どっちがオススメなのか比較!

NI-FS780とNI-FS770の違いは?どっちがオススメなのか比較!

パナソニックのスチーマー家電の人気シリーズ、「NI-FS780とNI-FS770の違い」について比較しました。

違いの結論

①NI-FS780の持ち手が抗菌加工になった
②NI-FS780の重さが軽くなった

その他は発売年が違うことがあげられます。

・NI-FS780は、新型(2022年3月発売)
・NI-FS770は、旧型(2021年5月発売)

しかしどちらも2WAY仕様となっています。

また以下でどちらがオススメなのか商品の特長を踏まえ解説していますので参考にしてもらえたら嬉しいです。

NI-FS770

NI-FS780

NI-FS780とNI-FS770との違いってなに?

違い①NI-FS780の持ち手が抗菌加工

NI-FS780抗菌ハンドルあり
NI-FS770抗菌ハンドルなし

NI-FS780には抗菌ハンドルへ変わっています。

違い②NI-FS780の重さが軽くなっている

NI-FS780本体重量:約690g
NI-FS770本体重量:約705g

比較するとNI-FS780の方が、-15gの軽量となっています。

少しの軽さの違いに感じますが、持ち上げてスチーマーを当てていると地味に手に負担がかかるもの。

持ち手と本体の重心の位置を近づけ低重心設計となっています。

女性にも嬉しい軽量化ですね。

しかも水タンク容量は変わらず容量115mlのままです。

新しいNI-FS780がオススメな人は?

NI-FS780がオススメな人は・・・

抗菌加工が採用された商品を清潔に使いたい
・軽量化モデルで、負担を抑えたい
・買うならやっぱり新しい家電モデル

NI-FS780とNI-FS770 の価格差はあまり見られないので、上記3点にこだわる方はNI-FS780がオススメです。

NI-FS780とNI-FS770の共通機能は?

発売日が異なる新型NI-FS780と旧型NI-FS770ですが、

2つの共通機能は以下の5点です。

・どちらも2WAY仕様
・360度のパワフルスチーム
・連続スチーム約10分
・素早い立ち上がり
・衣類の除菌消臭

2つともコードレス仕様ではなく、2.5mの長さのコードとなっています。

NI-FS770

NI-FS780

アイロンにもなる2WAY仕様

プレス面が平らになっているのでアイロンとしても使える仕様になっています。

ドライアイロン・スチームとして

表面の素材のセラミックコートにより滑るように充てることができます。

360度のパワフルスチーム

掛けた衣類をスチームするとき360度あらゆる角度に傾けても安定したスチーム噴射が可能となっています。

タンク内で吸水口が常に下向き状態になるので、どの向きに傾けてもしっかり出るパナソニック独自の作りになっています。

連続スチームが約10分

NI-FS780とNI-FS770は共にタンク容量が115mlあります。

一回の給水で約10分間連続でスチームが行えます。

素早い立ち上がり

すぐ使いたいときには嬉しい、わずか19秒で温度が上がる仕組みのスチーマーです。

時間のない時の着たい服をだすとシワシワだった時など、あわただしい時につかえる便利さがイイですよね。

温度調整は3段階あり

(ドライアイロンとして使用する場合)
・低温:ベルベット・シルク・アクリル 等(ドライのみ)
・中温:ポリエステル・レーヨン・ウール 等
・高温:綿・麻
(混紡含む)等

衣類スチーマーとして使用する場合は、高・中の2段階

で優しくお手入れできます。

衣類の脱臭・除菌

スチームと同時に消臭・除菌もしてくれる機能があります。

消臭なら・・・

生活5大臭・生乾き臭・汗臭・ペット臭
・タバコ臭・飲食臭
2大臭・加齢臭・防虫剤臭

洗いにくい衣類(ジャケットやコート)も脱臭してくれます。

そして除菌面では、赤ちゃんの肌着や洗濯後の布マスクなど、清潔に保ちたい衣類やお部屋のファブリックまで、手軽に除菌できます。

・ダニ由来のあれる物質
・花粉

の抑制にも。

まとめ:NI-FS780とNI-FS770の違いは?オススメはどっちか比較!

この記事は、パナソニックの衣類スチーマ、「NI-FS780NI-FS770」の違いを比較しました。

記事のまとめ

・NI-FS780は、新型(2022年3月発売)
・NI-FS770は、旧型(2021年5月発売)
・NI-FS780のほうが抗菌加工で軽くなっている
・せっかく買うならNI-FS780の最新がオススメ
・共通機能を比べると大差ない

共通の機能を比べても変わらないので
家電の新しさにこだわらないって人は、NI-FS770でもいいかと思います。

NI-FS770

NI-FS780